48歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ派遣…ほぼ同期の同僚派遣から衝撃の一言

日々の雑考・できごと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ハイ子です。

現在某企業で派遣社員として働いております。

ほぼ同時期に同じくテンプスタッフから派遣された同僚がいるのですが、昨日この同僚から衝撃の一言を聞きました。

前置きとしてこちらをどうぞ↓↓

アラフィフ派遣…時給50円アップについて担当営業さんにつっこんだら思わぬ展開
思わぬ展開にもやもやしております。


前置きを読むのが面倒な方へ…。

平たく言うと、私は二年目に向けた更新の面談時にテンプの営業さんを通して派遣先に時給交渉をしたのです。

その結果、50円アップを勝ち取ったのです。

そんなわけで、今月からめでたく50円アップのお時給で働かせてもらっています。

当然ながら、これはほぼ同時期に派遣されている同僚を差し置いてのことなので、時給がアップしたことについて一切この同僚には伝えていませんでした。

そんな最中。

同僚は次回更新を兼ねた面談をテンプの営業さんとしました。

ちなみに私と同僚は一か月違いで更新月がくるので、面談は同僚だけでした。

いつも通り面談を終えたらしいのですが、なんとその晩にテンプの営業さんからスマホに電話があったそうで。

同僚は次回更新の意向を伝えていたので、これはもしかして…派遣先から次回更新はしないとの通知がきてしまったのではないか…と肝を冷やしたとのこと。

たにかにタイミング的に、更新の意向を伝えたその晩に担当営業から電話があったらそう思ってしまうのも当然ちゃ当然です。

しかし…。


次の瞬間、同僚はこう言い放ちました。

「それが!!聞いてよ!!次回更新から時給が30円アップするっていう連絡だったの!!」

ここで一つ。

彼女の名誉のために言いますが、別に彼女は自慢しているわけじゃないのです。

自分が30円アップしたということは、もれなくハイ子さんも30円アップすると思ってのことなのです。

…。

ちなみに同僚は私と同じく、派遣社員として働くのは現職場が初。

いろいろと抜けている部分もあるのですが、どうやら私もまったく同じ条件で働いていると思っているらしいし、自分の時給が上がればもれなく私も上がると思っているわけなんです。

…。

それは…違いますよ。(ハイ子、心の声)

あくまで契約は個人単位になりますので、たとえ同じ派遣会社から派遣されていても、条件やら時給が異なることは多々あります。

てことで、その30円アップがそのまま私に適用されるわけではないのです…。

なんなら今月から私は50円アップ(当然同僚には伝えていません)なので、もし適用されるならば私は80円アップになる計算です。

そんなこと…あるかい…。


そしてさらに複雑なのは、私は同僚よりもあれこれ立ち回り、なんならマニュアルも作ったり、彼女以上の仕事をしている自負があるので、申し訳ないけれど彼女との比較で50円上げてくださいとお願いしたのです…。

しかし、彼女は一切時給交渉なしで30円あがったわけで…。

これってとても複雑ですね。

ハイ子を50円上げるなら、その同僚もせめて30円上げないといかんかもな…という心理が派遣先に働いたのかもしれないし、お願いしていないけどテンプの営業が交渉したのかもしれません。

とにかく、同僚からしてみれば「棚から牡丹餅」な話です。

前段階で私が50円アップの時給交渉を秘密裏にしていたということは彼女は知る余地もないのです…。


今日も今日とて役員からは名指しで相談されるし、社員さんからはこれまた名指しでデータの抽出方法を求められ(先日も全く同じことを聞かれたので、デジャヴ)どう考えても、同僚との時給差が20円じゃ割に合わんのだよ…。

なんつって、次回の更新で50円+30円=総額80円のお時給アップがされないかな…と淡い夢を抱いてしまう薄給の派遣社員なのでした…。


寒くなりましたね…。(急)


私は髪が剛毛多毛ですぐに乾かさないと寒いし、広がっちゃいます。


こちらのタオルでタオルドライするとかなり時短になりますよ~。
ドライヤーの使用も半分になりまして、電気代の節約にもなります。
ホットマン 1秒タオル フェイスタオル

created by Rinker
ホットマン
¥2,763(2024/05/19 01:10:52時点 Amazon調べ-詳細)

おしまい

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村