47歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ派遣…指示がめちゃくちゃでそろそろ限界なんだが…。

日々の雑考・できごと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


どうも、ハイ子です。

明日はお休み。(勤労感謝の日)

勤労している人、ありがとう、感謝します。

そしてもれなく私も感謝されたい…。

さて、表題の件です。

現在某企業で派遣で働いています。

同僚はOutlookでメールを送るという簡単な業務を、2日に1回(なんなら毎日)まともに送信ができず、私がヘルプする日々。


そんでもって、メインの業務ではトラブルが発生し、そもそも発端は社員の指示に従っただけなのだが…。

どうしたらよいかと当該社員に指示を仰いだら「なんでだろう…わからない」と言われる始末。

えっと…。

あなたの感想はどうでもいいし、原因究明は後で良いから、今この瞬間お客様対応をどうすべきかを聞いているんですけど…日本語通じてます?

今日は今日でZOOMミーティング(業者主催)に出席したら、ミーティングの最中に40分でまんまとセッションが切れ(え?クライアント相手のミーティングを無料版でやるの?は?)慌てたこっちの社員さんが全員いなくなって、派遣の私独りぼっちになったら回線が復活。

こっち側は現在派遣のおばさんしかいませんよ…ってなった。

てんぱった私は「すみません」(すぐに謝る社畜魂)と口走ってしまったが、100%そっちが悪いよなって思い直した。

そんな波乱なミーティングが終わったら、また問題児の社員さんが来て…。

「提出してくれたデータが違う」とのたまうのであった。

そもそも抽出方法に問題があり、その指示書を作ったのは役員で、しかもその指示書のチェックをしたのは社員のあなたで…。

で?

私に何をしろというのか?

100歩譲って「私の指示が間違えていたので、申し訳ないけど修正してくれる?」というならわかるけど。

そのまま「ごめんね、ここ違うのよ…(察してちゃん)」とだけ。

私は修正するつもりないので謝る必要はないですよ。(ハイ子、心の声)

「そうなんですね…間違えているという認識はありませんでした」ときっぱり言わせていただきました。


結果「次のデータ提出分からはこうやって抽出してね…お願いね…」と言って社員さんは去っていきました。

めでたし、めでたし。

でも、一ミリもめでたくないんですよね。

割と重要な業務を結局こちらで担当することになってしまいました…。(役員命令)

「だって、そっちでやったほうが間違いないでしょ?」と。

結局間違いが発生し、お客様対応するのはあなたがた派遣でしょ?それはしんどいでしょ?と役員は言いたいらしい。

違う違う。

そうじゃ、そうじゃない。

間違いが発生しないようにお仕事をし、派遣に的確な指示を出すのが社員の本来あるべき姿ではないでしょうか?

今月から時給あげてもらったばかりだけど、これは次回も時給交渉しないとやってられない。




えらい…すんません。(突然の読者への謝罪)

盛大なる愚痴のオンパレード。

冬になると空気が乾燥します。

身も心もかっさかさなんです。

だから許して。

そんな私は昨年に続き無印の保湿クリームミストとアルガンオイルを愛用中。(不自然すぎる購入品紹介)

背景の季節感の無さよ…。

寝る前はミストとオイルを混ぜ混ぜして、主にすねとかかとに塗り就寝。

朝の出勤前はミストのみ使用しています。

ミストは容器がスプレー式なので、液体が出る部分が直接肌に触れないので衛生的に使えるのがありがたい。

ミストなので始めは直接体にスプレーしようと思いましたが、結局手のひらに出して塗ったほうがしっくりくるのでした…。

ボトルを逆さにしても使える仕様のようですが、そんなふうには使っていない…。

アルガンオイルは思った以上にさらっとしているので、単体だと若干物足りなく、あと思った以上に匂いが油※なので、この使い方にたどりつきました。(高いものなので、使わないのはもったいない…)

ミストはほのかに柑橘っぽい香りがします。

※ハイ子の個人的感覚感想に基づく

おしまい