48歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフおばさん…ネット婚活にみる「声の重要性」

恋愛・婚活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ハイ子です。


現在、ネット婚活サイト「youbride(ユーブライド)」に登録しているハイ子。

しかし、唯一メールのやり取りをしていた方から、

「会えませんか?」

とメッセージをいただいて、返信できずにいます。

特に相手からも何の反応も無く、かれこれ1週間経過したので、これにてガチ終了しました。


ところで、

皆さんはネットで知り合った相手から、

「電話で話そう」

と言われたら、どうしますか?

今は、LINEやカカオトークなど、無料通話アプリがあるので、昔ほどハードルは高くないと思うのですが、どうも昭和な人間なのか、電話でお話するのが苦手です。

それについて考えてみました。

※今回、終了したお相手の方に「電話でお話しましょう」と言われたわけではありません。


メールや、電話ではかなり饒舌というか、コミュニケーション能力が高い感じがしたのに、実際に会ってみたら、全然会話をしてくれない…という人がいる、とも聞くので(☞YouTubeの出会い系アプリ動画を見漁っている、暇なおばさん)その落差が怖いというのもあります。

さらに、ハイ子は思うのです。

「声」って大事じゃないですか?

あまりイケメンじゃない(失礼)人でも、声が素敵だと、3割増しぐらいに感じませんか?

ちなみに、女性の3割がお相手の「声」で恋に落ち、2割弱がお相手の「声」で結婚した、というデータもあるほどです。

ハイ子は、NHKの井上二郎アナウンサーや、糸井羊司アナウンサーの声がツボです。

特に糸井アナウンサーはビジュアルだけ見たら、歳不相応なぐらい若く見えます。
しかし、声とセットになると、なんだか物腰が穏やかで、ラグジュアリーで落ち着いた大人なイメージがアップしませんか?(あくまで個人的な感想です)

これが例えば、柳沢慎吾さんのような声だったら、それはそれでしっくりくるけれど、ますますやんちゃなイメージが増長されるというか…。

これは好みの問題なのですが、押し並べて、女性は「低い声」に惹かれるという統計もあるようですね。

「低い声」に惹かれるのには理由があり、低い声を持っている男性は「テストステロン」という男性ホルモンが多いということが分かっています。

生物学的にみても、女性が低い声に惹かれるのには理由があるのです。

人間も動物。

低い声が好きというのは単なる嗜好の問題ではなく、子孫を残す・自分の遺伝子を残すという「生存戦略」であり、人間に備わった本能なのです。

もちろん、本能と言っても、後天的な「好みの問題」もあるので、一概にすべての女性が低い声が好きとは限らないのですが…。

一方の、男性は女性に対し「元気な声」「楽しそうな声」を好むらしいです。

ハイ子は、もともとの声が低いし、覇気がないとよく言われるので「電話が苦手」というのは、こういったコンプレックスもあるのかもしれません。

会社員時代に「よし、今日もがんばるぞ!」と、朝一番の電話に、いつもの5割増しで声を張って「お電話ありがとうございます!○○でございます!」と出たら、お客さんから、

「ちょっと…起きてる?」と言われたことがあります。

5割増しではなく、5倍ぐらいのテンションで電話に出なければダメだったようです。

5倍のテンションで電話に出続けたら、8時間労働できないので、「元気で明るい」は諦めました。

そんなわけで、決して「声美人」ではないくせに、相手に「低い声」を求めてしまう、アンマッチ。

さらに加齢によって、声帯の筋肉が衰え、声は低くなっていくそうです。

ますます「低い声」に拍車がかかり、もはや「声がおじさん」になる日も近い気がします。

もとい、そんなわけで「声」は意外と重要ですよね。

声のサンプルとか、こんな声です…とか、ネット婚活のプロフィールにおいて、声を登録する欄があれば良いのにな…と思います。

しかし、そうなると、自分も登録しなければならないわけで…。

となると、もともと無い魅力が、5割減ぐらいになるので、さらに出会いが難航することは火を見るより明らかです。

そりゃ諸々、無理なわけですね。

皆さんはどんな声が好きですか?

そして、自分の声…自信ありますか?

参考資料>

自分の声が好きな人はモテる?専門家に聞く恋愛における「声」の重要性
@DIME_HACKSより

なぜ惹かれるの? 「低い声の男性」が魅力的な理由|
マイナビウーマン( @mynavi_woman )

若々しくハリのある声を手に入れる!声のアンチエイジング
大正健康ナビ

NHKアナウンサー室 アナウンサー検索

おしまい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村