46歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフおばさん~子宮筋腫の対処療法、ジエノゲスト服用から一週間、気になる症状は?

ダイエット・ヘルス・コスメ

どうも、ハイ子です。

ジエノゲスト(子宮腺筋症や子宮内膜症の治療に有効とされる、黄体ホルモン系のお薬)を服用してからちょうど一週間経過しました。

ということで、途中経過をご報告したいと思います。

全体的な服用感、そして気になる副作用について、自分の場合はどうだったか?等掘り下げて紹介します。

服用感は?

まず、お薬あるあるですが、合う合わないってありますよね。

飲んだら気持ち悪くなるか?という、超基本的なことですが、ハイ子の場合、特になんともありませんでした。

ハイ子は現在、過月経で貧血気味なので、鉄剤も処方されて飲んでいます。

この鉄剤も、人によっては気持ち悪くなるということだったので(ハイ子は平気でした)この二つを併用したら、さすがに気持ち悪くなるかな?と思いましたが、特に服用後に吐き気がするとか、胸がむかむかするなどの症状はありませんでした。

錠剤も、直径7ミリ程度と、小粒で飲みやすいです。

鉄剤が、カプセル型で、長さ1.6センチぐらいなので、鉄剤と比較すると圧倒的飲みやすさです。

左がジエノゲスト、右が鉄剤です。



いずれにしても、飲み続けられそうなので、一安心。

第一関門クリアです。

副作用その①体重増加は?

つづきまして、ジエノゲストの服用における「副作用」について、取りざたされているものを上げながら、ハイ子の場合はどうだったか?をご紹介しようとおもいます。

割と気になっていた「体重増加」ですが、特に劇的に太った(まだ1週間ですしね…)ということはありません。

ちなみに、一週間前:51.2キロ→ 本日:51.2キロの、ステイでした(体重157センチ)

この1週間は、結構寒暖差もあり、暑い日はちょっと食欲が落ちたりしたので、何とも言えません。

しかし、実は昨日「ランチビュッフェ」に行きました。

それを加味しても、ステイだったということは…影響ないのかなと感じています。

まだ飲み始めて1週間なので、なるべく普段通りの生活をしながら、今後も体重増加についてはチェックしていこうと思います。

副作用その②脱毛は?

続きまして、これもかなり気にしている「脱毛」ですが、今のところ自覚症状はありません。

ただ、ハイ子は「コロコロ」をこよなく愛しているのですが、最近になって「コロコロ」につく、「細い抜け毛」が増えたような気がします。

太い髪の毛であれば、生え替わりの周期かなと思うのですが、これから太くなるであろう?細い毛が抜けるとちょっと心配です。

しかし、これも気にしているからであって、前からそうだった(加齢による)可能性もあります。

洗髪時に感じる抜け毛は、普段よりむしろ少ない気がしたので、影響は無いかな…とも感じています。

引き続きこちらも注視していきたいです。

副作用その③性欲減退や倦怠感は?

ホルモン系の治療薬ということもあり、性欲減退が見られる人もいるそうです。

書く意味あるのかな…というぐらい、ご無沙汰だし、相手もいないし、すでに心は「枯山水」(意味不明)なので、比較できません。

飲み始めて、さらに輪をかけて「枯れた」かどうかについては、そうかもしれませんが、比較できないくらい元々何もなかったので「何とも言えない」という感じです。

また「倦怠感」についても、生理中だったということもあり、ジエノゲストのせいとはいいきれない部分もありました。

そして急に暑くなってしまったので、なんとなく「だるいな…」程度の感覚はありましたが、何もできない「ザ・副作用」のような症状は、ハイ子の場合ありませんでした。

こちらについても、生理が終わったらどうなのか…引き続き注視したいと思います。

副作用その④不正出血は?

ジエノゲストですが、生理が始まってから2~3日目で服用を始めることになっています。

ということで、不正出血云々の前に、生理中ということもあり、これについては今後の話になります。

ただ、今のところ生理が始まって8日目ぐらいなのですが、昨日あたりからぐっと出血量が減りました。

普通の月経の方は、大体5日目ぐらいで出血が減るかと思うのですが、ハイ子の場合は「筋腫」があるため、まだまだドバドバ期、下手するとこれからもう「ひと波」くるのです。

このまま生理が終われば、これは「ジエノゲスト」のおかげかもしれません。

こちらも、また追ってご報告したいと思います。

副作用その⑤ほてりや頭痛は?

ジエノゲストは、ホルモン系の治療薬ということもあり、ほてりや頭痛など「更年期障害」に似た症状がでることがあります。

頭痛持ちのハイ子。

これが一番怖かったです。

いまのところ、ほてりはなく(最近毎日暑いですよね…)、人並みに「暑さ」を感じる程度です。

頭痛については、生理前後でいつも頭が痛くなるので、痛み止めを服用してしまったため、症状が抑えられていた可能性があります。

しかし、ジエノゲストを飲んだからとりわけ頭痛がひどかった…という感じはありませんでした。

また、これを書いている現在、頭痛はしないので、先日の頭痛は「生理前後に起きる」いつもの「頭痛」だったのかもしれません。

これもまだ正確な判断ができないので、生理期間が終わってから改めて報告したいと思います。

副作用その⑥肌荒れは?

ジエノゲストの副作用として、肌荒れを上げる方もいます。

その一方で、肌がきれいになったという人もいるようです。

ハイ子の場合、服用4日目にして、顎に「吹き出物」ができました。

比較的おでこや、眉間には「吹き出物」ができやすいのですが、顎ニキビ(吹き出物)は久しぶりでした。

顎ニキビについてネットで調べてみたら、ホルモンバランスが乱れるとできやすいようです。

生理初期に出来るようなので、今回は生理が原因でできたのか、ジエノゲストの副作用なのかは判断がつかないですね…。

ただ「バー」っとたくさんではなく、一個ぽちっとできただけで、現在は、ほぼほぼ目立たなくなりました。

これも、単なる生理周期によるものだった可能性大です。

最近は湿度がめちゃめちゃ高くなっているので、そのおかげもあるかもしれませんが、むしろ肌の調子は良いと感じています。

肝心の効果は?

ここまで、ダーッと巷で上げられている副作用と、自分の場合との比較を書かせてもらいました。

ここからは、肝心の効果です。

ジエノゲストは、子宮内膜の増殖を抑制することによって、子宮腺筋症、子宮内膜症などの治療に有効とされています。

ハイ子の場合はいずれの疾患もないのですが「子宮筋腫」で月経過多になってしまい、重度の貧血を抑えるために処方されました。

生理の元になる「子宮内膜の増殖」を抑えることができれば、月経量も減り、いずれは生理が止まるということを期待してのことです。

そのため根本的な「子宮筋腫」の治療ではないのです。

だから…なのか、引き続き筋腫周辺の鈍痛はあります。

これも、内膜の増殖を抑えることで、生理自体が軽くなれば、痛みが和らいでいくのでしょうか…。

気を付けないといけないのが、ジエノゲスト服用初期段階にみられる「不正出血」です。

筋腫がある人はこの不正出血が「大量出血」になる可能性があるということです。

その予告痛というのでしょうか、なんとなく筋腫周辺が生理が終わりかけているにもかかわらず「じわじわ痛い」感じがあります。

これは大量出血の前触れでしょうか…。

とりあえず、サニタリーショーツ&ナプキンは常に装着しています。

個人差はありますので、あくまで、このおばさんの場合…ということでご覧いただければ幸いです。


不正出血、ちょっと怖い気もしますが、一応鉄剤は処方されているので、重度の貧血になることは無いかな…と期待して、どんどこい「大量出血」という腹積もりで、飲み続けてみます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直これ系の話は、個人差が大きいので、あくまで「ハイ子の場合」です。

また今後気になる症状が出てきたら、都度ご報告できればと感じます。

とりあえず一か月分を処方されており、薬が切れるタイミングでまた婦人科の予約をいれているので、以降の方針についても、そこで改めて決めることになっています。

お薬自体も、ハイ子の場合は保険適用「ジエノゲスト錠1mg・モチダ」のジェネリック薬品ということもあり、比較的低価格で手に入れることができました。

単価不明なのですが、鉄剤と同時処方で、30日分=2,640円でした。

うまく作用してくれて、生理が止まれば、生理用品を買わなくて済むので、それは有難いかな…とも感じます。

筋腫に直接作用することは無いものの、過月経がすこしでも落ち着いてくれらたらいいです。

30日飲み切って、婦人科に行ったタイミングで、あらためて報告させていただきます。

おしまい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました