48歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

ジエノゲスト服用3週間目…ひさしぶりの月経痛?で目が覚めた

ダイエット・ヘルス・コスメ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ハイ子です。

子宮筋腫による月経過多の治療のため、二次的な効果を狙って飲み始めたホルモン系のお薬「ジエノゲスト」。

副作用の「不正出血」はあるものの、それ以外は比較的問題なく服用できていると思っていました。

しかし、昨夜(ちょうど服用して21日目)とてつもなくお腹が痛くなりました。

下痢的な痛みではなく、月経痛です。

キューっと子宮が絞られる感じの、あの独特な痛みです。

だんだんとお腹全体が痛くなったので、トイレに行ったものの、当然ながら出るものは出ず…。

結局横になってやり過ごしました。

冷房を消して、窓を開けて寝ていたのですが、「冷や汗」なのか「ほてり」なのか、汗がダラダラと出たので、冷房をつけました。

それが昨夜の23時ごろでしょうか…。

そのまま眠りについたのですが、結局明け方になって同様の痛みで目が覚めて、またトイレへ。

再び痛みは落ち着いたものの、朝一の空腹の胃には悪いとおもいつつ「痛み止め」のイブを飲んで、今に至ります。

痛み止めが効いているのか、下っ腹にじんわりとした圧迫痛はあるものの、汗が出るほどの痛みはおさまっています。

不正出血は想定していたのですが、月経痛は軽くなると思っていたし、実際生理期間中の痛みはほとんどありませんでした。

また、本来の生理はとっくに過ぎていたので、このタイミングで激しい月経痛に似た腹痛に見舞われるとは考えていませんでした。

振り返ってみると、2日ほど前に、なんとなくだるいし、貧血症状なのか息苦しい感じがありました。

これは、子宮周辺で「何か起きているかも…」とは感じていたのですが、この痛みと因果関係はあるのでしょうか。

出血量は、以前の大量出血とは比べ物にならないほど減っていますが、ここ2,3日で鮮血の出血がありました。

ちなみにこのジエノゲスト、飲み忘れたり薬が切れるとせっかくの苦労が水の泡。

また生理が始まってしまいます。(まだ飲み始めて3週間なので、生理を止める道半ばですが)

が、トライアルとして一か月分しか処方してもらっていないので、次回の婦人科の診察(7月21日)の前に薬が切れてしまうことに気が付きました。

ということで、さきほど病院に電話して、予約を一週間早めてもらうことにしました。

お薬だけ追加で貰えないでしょうか?と聞いてみたのですが、ジエノゲストはお医者さんの診察を経ないと処方できないので、ダメでした。


どっちみち7月21日には経過報告として診察してもらう予定だったので、それが一週間早まっただけの事です。

こういうスケジュールの融通がきくのは「無職」であればこそですね。

働いているときは、なかなか厳しいものがあると思います…。

といっても、あと3か月ほどで復職(就職できればですが…)しないとならないので、それまでにジエノゲストが効いてくれて、生理が止まれば良いのですが…。

もう一つ、困ったことが起きてしまいました。

婦人科の予約を一週間早めたのは良いのですが、次回の診察の担当医さんは、ジエノゲストを処方してくれた先生と違う先生になってしまいました。

処方していない先生に、経過報告しても大丈夫なのかな…と思いますが、仕方ないです。

若干、セカンドオピニオン的な意見も聞きたい気持ちはあったので(同じ病院だと、それは難しいかもしれませんが)現在の症状で気になる点を相談したいと思います。

思い起こせば、一番最初に月経過多で貧血の症状が出た時に担当してくれた先生と、ジエノゲストを処方してくれた先生も違うのです。

あまりこだわっていないハイ子が悪いのですが、比較的規模の大きい婦人科医院なので、先生も当番制になってしまうようです。

ちなみに、一番最初に診てくれた先生は、ハイ子の勝手なイメージですが「漢方薬」を取りいれた治療について、積極的とまではいきませんが「漢方もあり」という感じがしました。

次にジエノゲストを処方してくれた先生は、漢方については懐疑的というか…そこまで乗り気じゃない雰囲気がありました。

本当にハイ子の勝手なイメージですが…。

なので、次回の先生が、どんな先生なのか不明ですが(こだわれ)子宮筋腫の治療について、漢方薬はありかどうかも、今一度聞いてみようかなと思います。

調べたところ、子宮筋腫に効き目のありそうな漢方は、①桂枝茯苓丸と②気芎帰膠艾湯のいずれかなのかな…と思いますが、相談しても、はなから乗り気じゃないかもしれませんしね…。

ずっと飲み続けるお薬だと思うと、やっぱり「漢方」がいいのかな…という気持ちが芽生えてきました。

とりえあず、ものはためしでトライ(先生に質問)あるのみです。

参考にしたページ:「漢方世代」 さんのページを拝見しました。
☟☟☟

子宮筋腫の漢方は目的によって使い分ける【小さくしたい・手術を避けたい・貧血・多量の出血】 - 世代別の悩みブログ|漢方世代|オンライン漢方薬局
子宮筋腫とは子宮筋腫とは子宮の壁の中や表面の粘膜にコブのような腫瘍ができることを言います。30歳以上の女性の20~30%が罹患すると言われているので、かなりの人が筋腫持ちということです。良性の疾患なの...


大量出血に慣れてしまうと、だらだらと少量の出血が続いても「マシ」な状態だと錯覚してしまいますが、これを鼻血に置き換えてみると、やっぱり普通じゃないですね。

鼻血をだらだらと垂らしながら「いや、いつもの事だから」って言っているようなものです。

そりゃ、貧血になってしかるべきという気がします。

鉄剤はずっと飲んでいますが、プラスαでレバーを食べたり、もずくや海苔も食べていますが、焼け石に水なのかな…。

ちょっと弱気になりつつあります。

とりあえず、来週お医者さんに行ってきます。

おしまい

Bitly
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村