46歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ中間管理職~たたき台を叩いたら木っ端みじんになった~

過去の社畜時代
Image by Free-Photos from Pixabay

おはようございます。ハイ子です。

ハイ子の住む町は思いのほか大きな被害も出ず、台風をやり過ごすことができました。
皆さまはご無事でしたでしょうか。

被害の出ている地域の方は、安心安全な日が少しでも早く戻りますよう願っております。


さて、表題のお話です。

上司として、一番やっちゃいけないことをしてしまいました。

部下が作ってくれた資料(一応たたき台として作ってくださいと指示)を修正という名のもと、完全なる別物に上書きしてしまいました。

もちろん資料はハイ子が最終的にチェックしたうえでのリリースになりますので右から左というわけにはいきません。

それも部下は承知の上だったんですけど…。

部下から「できました」と上がってきた資料を確認したら、正直突っ込みどころ満載すぎて、あれもこれもと手直ししていたら、部下の作った跡形が木っ端みじんに消え去っておりました。

対面ならば、ここはもう少しこうしたほうがいいとか細かいニュアンスも伝わるとは思うのですが、絶賛リモートワーク中のわが社、メールで指示するのも角が立つし、そもそもちゃんと伝わるか不安です。

そんなわけで、いったんハイコがそれとなく手直しをなんとなくやってみて、こうしたほうがいいんじゃない?と提案しようとしたのですが、気が付いたら部下が作った部分が一切感じられない、まったく違う代物が出来上がってしまいました。

これ、はじめから、あんたが作ればよかったんじゃねーの?と内心舌打ちされそうです。

しかしまあまあひどい内容でした。

セールス的資料のはずなのに、「長引くコロナ禍、この業界はますます厳しく、こういったことも始めました」的な文章があったり(同じ業界に居る人にセールスするんですけど…おわかり?)画面の切り抜きを資料に貼り付けるのはいいのですが、切り抜き方が超雑で、検索バー込みで切り抜いており、部下のお気に入りタブとかも一緒に張り付いちゃってます。

あなたのお気に入りなんて誰も興味ないですから…というため息がでるレベルでした…。

なかなかの強者ですが、本人曰く、あがり症らしいです。

落ち着いて作業をしたら間違えないというのでしょうか。

在宅なのに?

なにもセンター試験会場で受験生に交じって作業をしろといっているわけではないのです。

これ以上あがらずに仕事できる環境ってありますか。

南の島でも用意しないとダメでしょうか。

むしろ自分が南の島へ、「現実逃避という名の逃避行」をしたくなる中間管理職でした。

おしまい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました