46歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ無職実家ぐらし、年に一度の御開帳⁉東覚寺の福禄寿さまは素敵な面持ち…ご利益は?

日々の雑考・できごと
Photo by Luca Upper on Unsplash

こんにちは、ハイ子です。

突然おだやかなテーマで恐縮です。


元旦の初詣は強風にビビって断念し、二日目の本日お参りさせていただきました。

そして、年に一度しかそのお顔を拝見できない東京の北側にある田端は東覚寺の「福禄寿」さまにお会いしてきました。

東覚寺の「福禄寿」さまは、下町ではなじみ深い「谷中七福神」の一つに数えられる神様です。


コロナ禍になって、就業調整という名の時短勤務生活が長いハイ子、テレ朝系の「純さんぽ」をここ2年弱ほぼ毎日観ておりました。

番組の中で田端散歩の際に、こちらの東覚寺も取り上げられたのですが、「福禄寿」さまはお正月の期間しか開帳しないということで、写真が紹介されただけでした。

他の谷中七福神は割と「今回特別に!」なんて感じで紹介している中、こちらはテレビ取材でも、たとえ純ちゃんでも「特別扱いは無し」だったのです。

強気だ!東覚寺!

ということで、そのありがたさをしみじみと知ったハイ子は、今回初詣の際に「福禄寿」さんを拝みたい!と心に決めておりました。

幸い近くということもあって、はるばる感はないのですが、期待値大です!

写真撮影NG?かとおもうので(未確認)写真は撮っていないのですが、ちゃんとお参りさせていただきました!

ということで、限界ぎりぎり、ノークレームノーリターン、ハイ子画伯による福禄寿画です。

谷中七福神 東覚寺「福禄寿」さま 実写が気になる方は有料写真サイトなどで出てくるみたいです。

意外とカラフルで親しみ深い「おじいちゃん」にほっこりしました。(かなり失礼)

さて、肝心の<ご利益>も確認せず、詣でてしまいましたが、福禄寿の福は「子宝、子孫繁栄」だそうです…。

アラフィフ独女からは最も遠い場所におられる神様ですね。

いえ、そんなことはございません。

日本の将来を担ってくれる子供たちがたくさん生まれてくれること、温暖化や食料不足、天変地異レベルの災害に負けずに、この世に生まれてきた子たちが地球レベルで健やかに育ってくれることを願っております。

ちなみに福禄寿の禄は財産も意味しているそうなので、金運にも恵まれるとか、むしろそっちだな…。

※福禄寿さまのご開帳は2022年は1月10日までです。関東の松の内までのようですね。

おしまい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました