46歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ独女のメリークリスマス…年の瀬に想う諸々(クリスマス一切関係なし)

日々の雑考・できごと

どうもハイ子です。

今日は12月24日、クリスマスイブです。

日中は地元の友だちとイタリアンでランチをし、その後ドラッグストアで年末の大掃除用に日用品を買い込み、気になっていたクラフトビール店に行ってまいりました。

なんだかとっても充実していました。

帰宅後ファミチキとファミチキクリスピーチキンを食べ、これでもかと「食」でクリスマスを満喫しました。

気分は一切「クリスマス」してないんですけどね。

40年以上昔は、兄とハイ子と弟の3人が年子だったこともあり、クリスマスの準備に余念がなく、盆と正月が一気に来たようなテンションで、イブイブぐらいから胸を躍らせていたものです。

クリスマスの意味もわからず、とにかく普段食べない「チキン」やら「ケーキ」という横文字の食べ物にありつけるとわくわくしていたのを覚えています。

結局「チキン」も「ケーキ」も、食べ慣れてないので、ちょっと食べて「もういらん」というのが関の山だったのに、雰囲気だけはいっちょまえに味わいたいのです。

ほんとうに【ちびまる子ちゃん】を地で行く幼少期でした。

当時思い描いた「クリスマスパーティー」現実は…。

そして…。

無情にも時は流れ…。

まさか40年後、アラフィフの兄と私と後期高齢者の母の3人で、ファミチキをもしゃもしゃと食べているとは、夢にも思っていませんでした。

どうでもいいですが、ファミチキのクリスピーチキンを今日初めて食べたのですが、おいしいですね。

これならクリスマスとはいわず、年がら年中食べていたいです。(どうぞお好きに)

そんな薄っぺらい感想しかでないクリスマスイブです。

それよりも、大掃除の規模をどこまで拡大するかに頭を悩ませています。(悩む前に動け)

年々肉体労働がしんどくなってきており、今年は風呂場の換気扇については見送る方針です。

なんせ築40年近いので、換気扇の取り外しも簡単じゃないのです。

浴槽のへりに両足を踏ん張り、首を直角にのけぞらせて天井の換気扇を取り外すという動作は、アラフィフ運動音痴のおばさんからすると「上海雑技団体験入学」(ある?)レベルの難易度です。

コロナ患者が増えている昨今、怪我をしている場合ではないのです。

ということで、なるべく体と世間様に負荷をかけずに大掃除を済ませることにします。

昨年は前職の有給消化中だったので、時間がたっぷりとあり、余裕をもって大掃除ができましたが、今年は正味25日と30日と大晦日しかないので、計画的に動こうとおもいます。

とりあえず冷蔵庫は年内の「燃えるゴミ回収日」が27日が最後なので、明日やることがマストになります。

間違いなく冷凍庫に「永久凍土」と化した、いつ収納したのかわからない食材が眠っているので、それらをたたき起こす必要があります。

…こうして今年も無事終わりそうです。

昨日、割と年齢のちかい身内が、病気で亡くなりました。(唐突)

最近は全く交流がありませんでしたが、幼い頃何度か遊んでもらった人だったので、やっぱり複雑です。

その一方で、今年も大した病気もせず、ブーブー文句をいいつつも、無事に一年過ごせたことに、ただただ感謝したくなりました。

来年も、自分なりにちゃんと生きようと思います。

メリークリスマス!(とってつけた)

おしまい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました