46歳の独女が、迷走の日々を綴っています。

アラフィフ無職…月経痛にみる社畜ハイ、消費税の軽減税率

日々の雑考・できごと

こんにちは、ハイ子です。

突然ですが、更年期でも月経はやってくる。

ハイ子の場合、40歳前後はきっちり28日周期できていた月経ですが、ここ最近45日周期になりました。

現在、筋腫という爆弾を抱えており、45日周期ともなれば、育ちに育った筋腫くんから大量出血し、そしてシクシクと痛みを伴うので、イブ(鎮痛剤)は必須です。

しかし、夕べ何となく胃が気持ち悪く、胃をいたわるつもりで、朝起きてからは、鎮痛剤を飲まないでいたのです。(いつもは、朝食後に飲みます)

結果、一歩も動けないぐらい下腹部が痛くなりました。

仕方なく、イブを飲み、ホッカイロをお腹に貼って横になっています。

会社員時代は、その月一のものと共存しながら、一日中外回りをしていたんですから、これをランナーズハイあらため『社畜ハイ』と言わずして、なんというのでしょうか…。

もちろんイブは6時間置きどころか3時間置きに飲んでいました。
途中で頭くらくらしてきますが、お腹の痛みよりは全然ウェルカムでした。

そんな日々も、たかが3か月しか経っていないのに、もうすっかり遠い記憶です。

ところで話は変わりますが、よく考えると、イブ買ったり、生理用ナプキン買ったり、はては婦人科に通ったりと、月経にまつわる累積の出費は相当な額ですよね…。

婦人科や鎮痛剤は、個人差がありますが、生理用ナプキンは誰しもが買い求めるものではないでしょうか?

であれば、生理用ナプキンは消費税の軽減税率対象にしてほしいですよね。
消費税10%になる前に、そういった議論があったかと思いますが、結局10%ですもんね。

ちなみにハイ子が月経過多の際に、夜に履いている大人用紙おむつも同じく軽減税率対象外なので、消費税は10%です。

この先、さらに税率がアップしたときに、また議論の対象になるかもしれませんね。

そのころにはもう、月一の苦しみとおさらばできていることを願わずにはいられません。
日本の消費税、2030年までに15%に IMFが報告書 日本経済新聞webより


話があっちこっちとまとまりませんが、クラクラなのでご容赦いだたければ幸いです。

おしまい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました